トークン化と、トークンを利用した決済処理

トークンとは、カード情報(カード番号と有効期限)を復号できない別の文字列に置き換えたものです。

利用できるトークンのタイプ

UnivaPayで発行できるトークンには「one_time」「subscription」「recurring」の3タイプがあります。それぞれの詳細は、リファレンスの該当ページで確認してください。

利用できるチェックアウトのタイプ

token(トークン化)

課金をせずにカード情報をトークン化します。


全てのトークンタイプを指定可能ですが、トークンに対して課金を行う有効期限が5分間と非常に短い「one_time」の指定は非推奨です。後日でもトークンを利用できる「subscription」もしくは「recurring」をご指定ください。

payment(トークン化と課金の同時処理)

カード情報をトークン化し、同時に課金処理します。全てのトークンタイプを指定可能です。

チェックアウトタイプとトークンタイプの見取り図

→ checkout-type(チェックアウトタイプ)
↓   token-type(トークンタイプ)
tokenpayment
one_time非推奨
※用途に見合わないため
都度課金時に推奨
subscription定期課金のカード情報を変更するための定期課金トークンを作成する。(課金は行われません)初回の課金を行い、次回以降はカード情報の入力なく自動で課金される定期課金を作成する。(停止はAPIへのリクエストか管理画面から実施可能)
recurring初回課金せず、以降のカード情報入力を省略して課金できる状態を作る
(要トークン保存)
初回の課金を行い、次回以降はカード情報入力を省略して課金できる状態を作る
(要トークン保存)