ウィジェットの概要


UnivaPay ウィジェットは、エンドユーザーがトランザクショントークン課金定期課金を入力するためのインターフェイスを提供します。ウィジェットを作成する際のパラメータと、支払い方法(クレジットカード番号、住所、メールアドレス等)を入力するフォームは、ストアの設定画面で指定したオプションに基づいて表示されます。ウィジェットでリソースが作成される際は、 Univapay Javascript SDK を使用して、必要なAPIが実行されます。最終的に、ウィジェットから成功もしくは失敗の結果が、エンドユーザーに対して表示されます。

ウィジェットのセットアップ

ウィジェットをセットアップするには、HTMLタグを使用する方法と、Javascript 関数を使用する方法があります。

ウィジェットの使用

エンドユーザーがウィジェットを開くと、支払い情報を入力するフォームが表示されます。情報入力後にフォームを送信すると、ウィジェットがAPIを呼び出し、必要なリソース(トランザクショントークンと、必要に応じて課金もしくは定期課金)が作成されます。
全てのリソースが正常に作成されると、作成されたトランザクショントークンのIDが、ページの要素に hidden タイプの <input> 要素として挿入されます。また、課金や定期課金が作成された場合は、それらのIDもページに挿入されます。

これらの要素の name 属性は、「セットアップ:HTML」および「セットアップ:Javascript」にある name パラメーターの説明をご参照ください。

ロゴ

ウィジェットの上部に表示されるロゴは、ストアの設定でロゴ画像を指定している場合、そちらが表示されます。指定がない場合は、アカウントの設定で指定されている画像が使用されます。いずれのロゴもない場合は、デフォルトのロゴが表示されます。